38歳の転職5つの工程

38歳の転職5つの工程

 38歳での転職は、経験を持っている優秀な人材を探している企業も少なくはありません。一般的に、ある程度のキャリアを積み、それなりの仕事をしているのが30代です。転職をするのですから、少なからずチャレンジが訪れます。逆風が来ても必ず前に向かう強い意志と覚悟が必要です。自分を信じて、家族に相談をして、自信を持って転職活動をしてほしいと思います。

 

 

何が一番大切かを考える

 結婚をしている人、そうではないけれど結婚の予定がある人、実家にいる人、形は違っていても、それなりに協力を求めたい場所があるのではないでしょうか。家族に相談をする中で、自身自身が考えていた希望に加えて、新たに考慮しなければならない条件が浮上してくることもあります。また、何が一番大切か考えが明確に整理されていくこともあるでしょう。先延ばしせずに、活動前にきちんと家族と話し合いの場を持てるといいですね。

 

【参考記事】
38歳で転職活動を進めていくのであれば
自己分析をする
企業分析をする方法
意識と考え方で変わる体調管理のやり方と成果
38歳、休職中の転職活動

 

 

多くの求人情報に目を通す

 30代で転職をする場合には、沢山の求人情報に目を通しましょう。自分の経験、性格、そのほかの希望に合う企業をしっかりと見極めることが大切です。求人数は限られています。求人雑誌や、エージェントを通して紹介される求人の双方に目を通してみましょう。

 

【参考記事】
38歳で転職のための仕事探し
転職エージェントの利用
スカウト機能を利用する

 

 

応募書類は丁寧かつ見やすく

 履歴書と職務経歴書は、丁寧かつ見やすいということを心がけましょう。どのような字を各課というところで、人間性や、やる気というものが相手に伝わります。また、職務経歴書はポイントを絞り、具体的にわかりやすい内容を書きましょう。

 

【参考記事】
38歳の転職で書く履歴書
38歳で書く職務履歴書
38歳転職で示す志望動機

 

 

面接は自分らしく簡潔に

 堅苦しくマニュアルに沿った言い方だけではなく、自分らしく簡潔に答えられることが一番肝心です。緊張をしてしまうかもしれませんが、しっかりと顔をあげて自信を持てば大丈夫です。自分自身に自信を持ち、前向きな姿勢を持っていれば、必ず成功させられるはずです。

 

【参考記事】
心がけたい面接マナー
面接で聞かれることは
面接前にする対策は何か
38歳で転職する場合、面接のお礼状はマナーとして必要?

 

 

退職と入社時で今後が決まる

 またどこかで、また仕事やプライベートでお世話になることがあるかもしません。そのときに、お互いに遠慮することなく接する関係が保てるといいですね。新しい企業についたら、少なからず後輩がいた30代出会っても新入社員です。新しい場に早くなじみ、これまでの経験を元に活躍できるベースを築きましょう。退職・入社時が、周りに挨拶をし、個人的な人間関係も積み立てていけば、今後の人生においてメリットもあるのではなでしょうか。

 

 

【参考記事】
円満退職をしよう
入社前にする交渉
入社前に確認しておきたいこと
38歳の転職と会社からの引き止め


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト