スカウト機能を利用する

スカウト機能を利用する

チャンスが多い38でのスカウト機能

 

 スカウトというのは企業側からこちら側を勧誘するという普段の応募とは逆となる方法です。相手からのアプローチを待たなければいけないのですが、その代わり相手はこちらを雇用したいという意思で利用してくるため、有利な条件で雇用される可能性が高いです。

 

 スカウトされる可能性が高い人間といえば、スキルも経験も豊富でこれから企業に貢献してくれると感じられる人間です。そう、38歳は正にスカウトを使うのには適している年齢であるといえます。

 

 そのために38歳で転職活動をするのであれば、先にスカウト機能が利用できるところへ情報を登録しておくといいでしょう。確実性があるわけではないですが、それでも可能性があるのであれば、やっておかない手はありません。

 

即戦力をアピール

 

 ただ、38歳でも当然情報を単に入力するだけでは中々企業が目を向けてくれません。キャリアはもちろんですが、要望欄といった本人がフリーで書くことができるスペースにどのようなことを書くかも重要となります。

 

 30代後半であれば当然即戦力になってくれることを期待して雇用するため、そうしたフリーで書ける欄には、自分が即戦力として仕事ができることをアピールするのがいいでしょう。

 

【関連記事】
38歳で転職のための仕事探し
転職エージェントの利用


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト