38歳、休職中の転職活動

38歳、休職中の転職活動

休職中の転職活動は可能

 

 38歳のあなたが、休職した理由は何ですか?休職をすることで、心身が回復してくるに伴い、その後のキャリアや社会復帰について、真剣に考えるのは当然なことです。まして、休職を余儀なくされた理由が、勤務先の職場環境や人間関係にある場合、復帰することへの不安が大きく、いっそ転職してしまった方がよいのではないかという、思いがよぎることもあるでしょう。

 

 休職中に転職活動を行うことも、選択肢の一つです。ですが、休養するための期間に転職活動をスタートすることで、心身の調子を崩すようになるケースも少なくないのです。休職中に時間があるうちに転職活動をするメリットがあるかどうか、冷静に判断する必要があるでしょう。

 

休職中の転職活動のリスク

 

 休職中の転職活動には、リスクが伴います。まず、休職していることを隠して応募し、内定あるいは入社した後にそれがバレた場合、経歴詐称で内定取り消しや解雇されても、文句が言わないことがあげられます。

 

 また、応募書類を受け取った企業が、「なぜ勤務先に復帰しないのか」「現在休職しているのに、通常勤務が可能なのか」を疑問視し、書類選考に通過しにくくなったり、面接できちんとした説明ができないいと、どれだけ受けても内定せず、心身の不調につながる可能性があることも軽視できません。

 

 そして、休職期間の自分が、通常勤務できていたときと同じ状態だと思っていても、求人探しの段階でミスマッチを起こしていることも多いのです。企業によっては、休職期間中の転職活動を懲戒処分の対象とすることもあります。

 

 そうしたリスクを考慮したうえで、それでも転職活動をスタートするべきかどうか、熟考するようにしましょう。

 

 

【関連記事】
38歳で転職活動を進めていくのであれば
自己分析をする
企業分析をする方法
意識と考え方で変わる体調管理のやり方と成果


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト