意識と考え方で変わる体調管理のやり方と成果

意識と考え方で変わる体調管理のやり方と成果

続けられるかどうかが重要

 

 38歳は身体の曲がり角の年齢と言ってもいいでしょう。心はまだまだ若いつもりで働いているかもしれませんが、身体は確実に老いてきており、若い時の感覚のままで仕事をしたり飲み食いしていたりすると、仕事に支障が出るような悪い変化が急に現れる可能性が強まります。

 

 ということで、転職をひとつの機会として体調管理のこともしっかりと考えて欲しいのですが、食事にしろ運動にしろ、健康のためには必ずそれを習慣づける必要があることを覚えておかなければなりません。

 

 つまり、無理なダイエットや運動は体調管理をする上では適切ではなく、少しずつでもいいので無理なく習慣化できる管理方法を見つける必要があるのです。それを念頭に、自分に合った体調管理方法を取り入れてみましょう。

 

 

特に気を付けたい「季節の変わり目」

 

 体調の管理に気を付けていても、身体を崩すことの多い季節の変わり目。暑くなったり寒くなったりだけではなく、花粉が飛んだり、台風の影響など気圧の変化で体調を崩す人も少なくはないでしょう。

 

 こうした季節の変わり目にどういった変化が自分の身体に起こるのかを知り、それに対応しておく意識が重要です。38年も生きていれば、なんとなく自分の身体と季節との関係を察していてもおかしくはありません。

 

 その感覚を明確にし、体調管理として活かすことで、常にベストの状態で働き続けることができるはずです。

 

 

感情を出してストレス発散?

 

 感情表現は何のためにあるのでしょうか。人に自分の気持ちを伝えるため、あるいは誰かの気持ちを察するためにあると考えられます。しかし、他にも感情の存在意義があるようです。

 

 それは、ストレス発散の効果。涙を流したり大きな声を出すことはストレスを軽減することがわかっており、また、笑うことも健康のために良いことがわかっています。頻繁に怒りを露にするのは逆効果と言われていますが、その他の感情は積極的に出した方がいいでしょう。

 

 それが体調管理方法のひとつとなれば、これほど簡単で効果の高い方法もないと思われます。

 

 

【関連記事】
38歳で転職活動を進めていくのであれば
自己分析をする
企業分析をする方法
38歳、休職中の転職活動


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト