企業分析をする方法

企業分析をする方法

「企業」を知るつもりで調べよう

 

 38歳ともなると管理職としての経験もしており、大分仕事を通して多くの企業と関わってきたことがある方も多いことでしょう。しかし、そのように関わってきても理解している企業はほんの一部であり、更に企業の本質について理解していないということもあるでしょう。現に転職活動で躓く要因として「企業での環境しか知らず、社会の環境を知らない」ということがあります。

 

 そのために企業研究をするのであれば、そうした仕事を通して得てきた「先入観」にとらわれず、改めて調べていくようにしましょう。そうすれば自分が今働いている企業の意外な顔が分かるかもしれません。

 

仕事内容から分析を

 

 38歳での転職となれば採用された際には大抵は管理する立場になり、それに関した仕事を任せられることになるのが多いでしょう。そのために企業研究で仕事内容を見た際には、その仕事の内容から自分が管理職として採用されるのであれば、どのような仕事を任せられるかということを分析してみましょう。

 

 もちろん企業によっては38でも管理職ではなく、普通の即戦力として雇いたいと考えているところもあるため、その企業が何を求めているかの分析をするのも忘れてはいけません。

 

 

【関連記事】
38歳で転職活動を進めていくのであれば
自己分析をする
意識と考え方で変わる体調管理のやり方と成果
38歳、休職中の転職活動


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト