自己分析をする

自己分析をする

確認すべきは管理者としての素質

 

 自己分析は自分の能力と経験を再確認するためにするものです。38歳での転職活動となると当然キャリアが重視される年齢となるため、自己分析による自分の再確認をするのは必要なことです。その際に特に重視して確認したいのが、管理能力です。

 

 38歳での転職活動となると、そうした部下、下の人間達をまとめるための能力が求められます。現に今の職場でそのような経験をしたことがあるという人もいるでしょう。

 

 他の能力も忘れてはいけませんが、特にこうした誰かを、何かを管理する経験に関しては洗い流してみましょう。その際には単純に経験があるだけでなく、どのようにやっていてたかを分析することも大切です。

 

焦らずにじっくりと

 

 38歳ともなると自己分析で確認すべきことも大分多くなってきているはずです。そのため時間がかかってしまうのは避けられないことでしょう。ですが、この自己分析は自分の能力を再確認すると共に、転職をするかどうかの判断やどこに転職をするかとこれからの転職活動の指針を定めるための行為です。

 

 それが不完全だと明後日の方向に行った転職活動になる可能性が高いため、時間がかかってもよいので、しっかりと自分が確認できたと思うまでやりましょう。

 

 

 

【関連記事】
38歳で転職活動を進めていくのであれば
企業分析をする方法
意識と考え方で変わる体調管理のやり方と成果
38歳、休職中の転職活動


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト