安全と安心を守る仕事!警備業界へ転職するには

安全と安心を守る仕事!警備業界へ転職するには

成長著しい警備業界へ転職する

 最近急速に成長を遂げている業界が、契約者の安心と安全を守る警備業界です。

 

 社会不安の高まりとともに個人契約者数が増加しており、人手は常に求められている業界です。他業種から転職する人も多いため、転職のハードルはそれほど高くありません。ただし、業務中に危険に遭遇する可能性も高い業界なので、選考に当たっては厳しい審査が行われます。転職を成功させるためには、自己アピールができるようにきっちりと準備しておく必要があります。

 

 

警備業界への転職で必要な能力

 契約者の安全を守る仕事である警備業界への転職で一番重要になるのが、小さな異変を見逃さない注意力だといわれています。

 

 警備業務というと体力が重要な仕事というイメージがありますが、実際の仕事では巡回や監視等注意力が必要となる仕事が多いため、細かい部分まできちんとチェックを怠らない丁寧さと、異変を素早く察知する注意力が必要になる仕事です。

 

 もちろん不審者と対峙した時に備えて体力は必要になりますが、体力だけでは務まらない非常に繊細な仕事です。

 

 

活躍の場は様々

 一般的に目にするのはビルや施設の警備や、個人宅のセキュリティサービスなどですが、それ以外にもさまざまな形で警備業務は行われています。

 

 個人の安全を守るボディガードサービスや、こどもや老人の安全を守る見守りサービスなどもあり、新しいアイデアを生むことができる人材も求められています。

 

 年収はやや低めですが、各種資格を取得すれば担当業務の幅は広がり、ステップアップも可能です。特殊な施設を警備できる資格を取得すれば、より良い待遇で働くことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト