人材紹介会社を活用しよう!

人材紹介会社を活用しよう!

人材紹介会社に登録する

 

 30代は転職市場で人気が高いと言われていますが、後半になると能力によって差が生まれてきます。38歳という年齢であれば、即戦力として個人で成果をあげられるだけでなく、将来の幹部候補として、組織をけん引する役割も求められるものです。

 

 そうした企業が求人票に書かないニーズを的確に把握し、自分のキャリアアップにつながる転職を果たしたいと思うなら、人材紹介会社に登録するのが一番でしょう。

 

 では、転職サイトではなく、人材紹介会社に登録するメリットが何かというと、その仕組みにあります。転職サイトは企業から広告費をもらって、一定期間に募集広告を掲出するだけですが、人材紹介会社は企業の個別案件ごとにマッチングする人材を紹介し、入社した時点でフィーが発生するという仕組みになっています。

 

 そのため、企業も登録者も納得のいく求人をコーディネイトする技量が必要なわけです。人材紹介会社には、登録者とのカウンセリングや企業のニーズのヒアリングを担う、キャリアコンサルタントが常駐しています。

 

 案件ごとに企業が求める人材についてヒアリングするだけでなく、会社の社風に合った人材であるかどうかも、マッチングの際に考慮しなければなりません。転職サイトにはない情報の宝庫であり、優良な非公開求人を多く取り扱う人材紹介会社こそ、キャリアアップ転職を目指す38歳には最適なのです。

 

人材紹介会社の活用方法?

 

 では、人材紹介会社をどのように活用したらよいのでしょうか。まず、キャリアビジョンの見直しと、客観的な自分の強みと志向性を理解するためのアドバイスを、カウンセリングのときにもらいましょう。

 

 そのうえで、登録者の希望と企業のニーズがマッチする求人を紹介してもらうのです。そして人材紹介会社は、求人票には載っていない、企業の採用担当者が中途採用者に求める職能とヒューマンスキルについて、教えてくれるはずです。

 

 企業のニーズと自己アピールがマッチした応募書類があり、面接でその部分をアピールできれば、内定により近づくことができるはずです。また、入社後にミスマッチが起きないように、登録者も事前に社風や実務を確認できるというメリットがあります。わからないことは、何でも質問してみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト