アピールするときの注意点とは?

アピールするときの注意点とは?

アピールする時の注意点

 

 転職活動の際、意欲や素直さをアピールして採用されるのは、20代の特権です。30代である時点で、企業は即戦力として会社に利益貢献できる専門スキルや経験を望んでいます。

 

 さらに38歳ともなれば、自分一人が目標達成するのではなく、組織の目標を達成するために、組織の中でどのような役割を果たせるかを、企業サイドは重視します。

 

 だからこそ、38歳が転職活動を行うときには、職種としてだけでなく、組織の中で企業が求めるニーズに対し、自分が何ができるのかをアピールすることが不可欠になります。

 

 では、どのようにアピールしたらよいのかを考えてみましょう。企業は採用に当たり、中途採用者に対し、求めていることがあります。補充採用であれば、欠員を埋める成果をすぐにあげることが大事ですし、新規事業の立ち上げであれば、これまでにない仕事のシステムやルールを構築することから始める必要があるでしょう。

 

 そうした企業のニーズに対し、自分ができることは何か、それができる理由となる過去のエピソードを、自分の言葉で語れるようにしておかなければありません。企業は熱意だけではなく、38歳には根拠も求めます。

 

 営業職であれば目標達成率、内勤職であればコストカットや業務効率アップを数値化するなど、客観的に判断しやすい伝え方を工夫すると、尚よいでしょう。

 

入社したい熱意は具体的な理由が必要

 

 そしてもう一つ、38歳の求職者が忘れてはならないアピールポイントがあります。それは、転職理由にも関連することですが、どうして応募企業に入社したいのかという熱意と、具体的な理由を説明できることです。

 

 それまでの勤務先では叶わなかったことを、転職先でなら実現できるという、前向きな理由が必要なのです。「給料が安い」「昇給が見込めない」「職場の人間関係がよくない」「会社の業績が悪化した」など、職場への不満を解消するための転職活動の場合、応募企業で何ができるかを、明確に答えることができないことが多いのです。

 

 「企業理念に惹かれた」「御社の事業の中でこんな仕事をしてみたい」「これまでの経験を活かして、仕事のステージをあげたい」など、企業分析が活きた内容でなければ、説得力はありません。しっかり企業分析を行い、自分とマッチするポイントを、具体例をあげてアピールしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト