マネージメント能力をアピールする

マネージメント能力をアピールする

マネージメント能力

 

 企業が38歳の採用をする場合には、即戦力として、既存社員よりも高いスキルや能力があるだけではなく、マネージメント能力も求められます。

 

 場合によってはマネージメントをしながら、チームリーダーやプレイヤーとしての役割までも求められますから、しっかり企業の採用意図を推し量る必要があります。

 

 企業が求めるマネージメント能力とは、組織の管理者として、リーダーが示した方向性や目標を実現するために、具体的な戦力を策定する役割があります。そのため、時代の環境変化や顧客が求めるニーズに対して、予想されるリスクを想定し、かつ回避しながら、方向性や目標を改善することが求められます。

 

 また、リーダーはチームメンバーを鼓舞したり、士気を高めるようことに注力しますが、マネージメント能力とは、結果がだせるためには、短期的な視点ではなく長期的な視点でシステム機構に着目しながら、チーム全体をコントロールしていく力が必要となります。

 

具体的なエピソードを分かりやすく伝える

 

 企業が候補者に行う質疑応答の中では、38歳であれば即戦力としての実績スキルだけではなく、人柄やチームを統括するマネージメント能力も備わっているかということも確認しています。

 

 そこで、面接官に対して自分の人柄やマネージメント能力をアピールするには、具体的なエピソードを加えて話すと、相手はイメージしやすくなるメリットがあります。その為には、面接官が質問する意図をしっかりと捉えて、具体的な回答をする必要があります。

 

 面接では、時には意表を突くような質問をされることもありますので、口先だけで回答をしてしまうと、無意識に回答の中に、ネガティブな要素を含んでしまうリスクもありますから注意が必要です。
そこで、具体的なエピソードを分かりやすく伝えるためには、面接官は自分の何を知りたいと思っているのかという目線を持って臨みます。

 

 こういう心構えをしていると、良い結果を得られる可能性が高まるはずです。
そこで、具体的なエピソードを分かりやすく伝えるためには、自分が企業に足を踏みいれた際の自分の印象や、知人や友人などから聞いたリアルなプラス情報を加えて話します。

 

 また、端的に回答した後に、その理由や追加情報として過去の経験談や、前職での具体的なエピソードを加えることで、面接官には伝わりやすくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト