年齢によって求められるスキルが違う

年齢によって求められるスキルが違う

自分に合う仕事をとは?

 

 38歳の転職希望者の男女が、自分に合った仕事を選ぶにはどういう点に気をつけて応募企業を探したらいいのでしょう?まず自分がよく知っている分野の業界や企業に絞って探すのが一番よいでしょう。これまで自分が働いたことのある業界・仕事内容であれば、中の雰囲気がよく分かっていますから、仕事内容そのものが自分に向いていると思えばうまくいく可能性は高いでしょう。

 

 次に自分が長い期間、憧れや夢を抱いていた業界や企業に絞って探してみることもよいでしょう。未経験分野であったとしても、自分にとって本当に関心や興味が高い業界・仕事内容なのですから、自然に意欲が高く保てる要素が多いでしょう。“夢に一歩一歩近づいている・・・”と日々感じられれば、“働かされている”という気持ちとは無縁です。

 

 そして昔からよく利用している、また買い物をしている業界・会社に絞って探すのも一手です。そこの商品をいつも選んで使っているとか、いつも利用しているお店であるというのなら、そこのサービスや商品が自分にとってベストに近い選択なのでしょうから、自分にとってきっと居心地のよい会社になるでしょう。

 

年齢によって求められるスキルに差はある?

 

 業界によって差はありますが、中途採用者の場合、年齢によって会社が求めているものは違います。20代はキャリアが浅いですから、転職を繰り返すよりも、実務経験を積むほうが転職市場価値が上がります。

 

 そして30代では「即戦力」が求められます。転職先として考えている会社に自分はどのような利益・リターンをもたらすことができるのか?!この点についてなるべく具体的に自己PRできれば転職に成功できるのです。40代では即戦力に加えて、マネジメントスキル(管理職としての経験)も問われるでしょう。ですから、転職したいという意思が固いのであれば、自分が年齢相応の「売り」を持っているのかどうか?!人材のプロに客観的な意見を聞けると参考になりますね。

 

 未経験の仕事を希望しているのであればなおさら、年齢によって求められるものを自分が備えているか?という点が大きくなってきます。転職を希望している業界についてなるべく多くの情報を集めて検討しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト