転職の面接時に希望勤務や手当のことを確認してもいいのでしょうか

転職の面接時に希望勤務や手当のことを確認してもいいのでしょうか

転職の時の、面接時に希望勤務や手当のことを確認してもいいのでしょうか。
求人を見るとある程度、勤務時間のことや条件のことが書いてあるけれど、実際その情報だけでは分からないことも多いですよね。

 

そんな時にその疑問をどのように解決したらいいのか…、これが一番悩むところだと思います。

 

もしも転職サイトに登録して求人を探す場合、分からないことは、転職サイトの担当者に聞いて確認をしてもらうことも可能です。しかし転職サイトの担当者もすべてなんでもきいてくれるかというとそうではありませんね。

 

求人に関して情報不足であったと感じるところは確認をしてくれますが、例えば家庭の事情でこのような変更は可能か、このような手当は出るのかという個人的な事情については、自分で面接時確認をしてくださいと言われることもあります。

 

でも転職の際には、どうしても良い印象を残して採用されたという気持ちがあります。そんな時には聞きたいこともきけないかもしれません。意を決して聞いても人事にわがままな人だなとか、自分の要求ばかりと負の印象を与えてしまうのも嫌ですね。そんな時にはどのようにするべきか…。悩むところです。

 

転職は就職をしてから失敗だった!と思わないことも大切

そのために自分が確認をしておかなければいけないことは、聞いておくべきなのですね。

 

面接の時は、必ず最後に人事担当から、何か質問や疑問はありますか?と問われることが多いでしょう。その先に、自分の考えている疑問をぶつけてみるといいです。

 

またその時には、自分のことばかりを要求するのではなく、相手の会社のこと考えつつ可能であればこのような勤務体制も可能なのでしょうか…?とへりくだって聞くべきです。同じ質問でもその時の態度によっては、人事の受ける印象も異なります。そのために自分の聞きたいことをまとめて聞きつつも相手を敬う気持ちを持って、質問をするといいでしょう。

 

転職を成功させるためには、自分の疑問は解決させておくことが大切です。そのために聞きたいことは確認してもいいのです。しかしその質問の仕方には配慮が必要です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト