円満退職をしよう

円満退職をしよう

厳しい円満退職

 

 38歳となるとまだまだ企業としても通用する年齢です。ここまでの本人の経歴にもよりますが、貢献してきたのであれば退職を伝えたとなると企業側は引き止めをすることになるでしょう。そして引き止めが無理となると企業側が不機嫌になってしまうということも多いため、そういう意味では感情的な問題として38歳での円満退職は比較的難しいものであるといえます。

 

 上手く交渉してお互い合意することができれば問題ないのですが、企業によっては臍を曲げてしまってそのままお互いの関係に溝ができてしまい円満退職は不可能になってしまう可能性もあります。企業に支障が出ないように手続きをするのは大事ですが、円満退職を確実にするのは不可能だということは覚悟しておきましょう。

 

相手のことを考えた上で交渉を

 

 円満退職となれば先ほど出た通りに交渉をどう進めるかがポイントとなります。しかし企業の体質、交渉相手の性格もあるためどのような交渉が一番適切かというのは存在しません。とりあえず言えることとしては「相手のことを考えて」交渉をしていくのがいいでしょう。

 

 38歳でここまで仕事をしてきたのであれば、ある程度相手のことも理解できているはずです。それらを分析してどのような交渉が効果的かを考えていきましょう。ただ、相手のことを考えるのはよいですが退職して転職するのは自分であるため、自分のことも忘れてはいけません。

 

 

【関連記事】
入社前にする交渉
入社前に確認しておきたいこと
38歳の転職と会社からの引き止め

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト