38歳で転職する場合、面接のお礼状はマナーとして必要?

38歳で転職する場合、面接のお礼状はマナーとして必要?

38歳の転職希望者に見られる、面接後のお礼状のQ&A

 

 38歳ともなるとそれなりに社会人経験も豊富で、中には何度か転職活動をされたことがある方もいらっしゃるでしょう。だから、転職活動に対して、それほど不安など持っておらず、『どんなことにも対応できるのでは?』と、若者たちや企業の採用担当者は感じているのではないでしょうか?

 

 しかし、38歳であっても、転職のプロになったわけではないので、当然わからないこともあれば不安も抱えています。決して万全というわけではないのです。実際に、38歳の転職希望者がネット掲示板で、『面接後に御礼状を出さなければいけないのか、それとも必要ないのか教えて下さい…』というような質問をされている光景を見かけたりします。

 

 また、面接後のお礼状に関する、Q&Aはいろいろ出されているらしく、書き方や出すタイミングなども聞かれている方がいらっしゃるそうです。確かに38歳ともなれば、それなりの社会人経験は積んでいるでしょう。

 

 しかし、いくら38歳だからと言っても、彼らが毎日転職活動し続けているわけではなく、転職経験が豊富という人も少ないのが実際のところです。

 

 その中で、特に近年は常識としてみなされ、何かと厳しく見られるようになった面接後のお礼状に関して、分からないことが多くなったことから、面接後のお礼状に関するQ&Aが見られたとしても、特別おかしな話ではないのです。

 

38歳の転職希望者は、面接後のお礼状は必要と考えよう

 

 38歳の転職希望者だからといって、転職活動のプロのように、転職活動のイロハを何でも熟知している訳ではありませんし、近年何かと厳しく見られるようになった面接後のお礼状に関しては分からないことが多いという方も、沢山いらっしゃいます。しかし、分からないからお礼状を出していなかったでは、応募先の企業には通用せずに不採用となってしまう可能性も十分ありえます。

 

 基本的に、10代後半か20代前半の若い就職希望者なら社会人経験の乏しさから大目に見てくれるところはありますが、あなたは、最低でも一度就職経験を持ち、社会人経験も積んでいる38歳の転職希望者なので、そんな言い訳など到底通用しないのです。企業先がよほどあなたに魅力を感じて逆オファーしている場合は、特別にスルーしてくれている場合もあるかもしれません。

 

 しかし、実際のところ、基本的に38歳のあなたには、若手の模範として指導する立場になって欲しいと期待しているところもあるので、面接してくれたことにお礼をするのは当たり前のマナーとみなし、採用担当者は、常識が無いと判断して不採用を決める場合もあります。

 

 特に38歳ともなると面接後のお礼状は、必要とみなされますので、お礼状が必要か不必要かと分からず悩んでいる方は、面接後のお礼状は必要と理解し、必ず忘れずにお礼状を出すようにしましょうね。

 

 

【関連記事】
心がけたい面接マナー
面接で聞かれることは
面接前にする対策は何か


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト