面接前にする対策は何か

面接前にする対策は何か

質問の答えを整理する

 

 面接対策において最も当たり前の行為が、聞かれる質問を想定してその答えを考えておくことです。志望動機や自己PRはもちろん、転職理由も聞かれるためにそれらに対して内容がおかしくなく、長すぎず短すぎない程度に考えておきましょう。ここでポイントとしては全て答えを作成したら、もう一度全体を見て整理をしておくことです。

 

 というのも内容によっては同じことを言っていたり、矛盾があったりする可能性もあるからです。意外と面接官はそういうところに目を光らせていることもあるため、そこを見られないために整理しましょう。

 

:面接を理解しておく

 

 面接と一言でいっても、面接官と1回面接して終わりというだけではありません。1回で終わる可能性もありますが、企業によってはしつこんぐらいに面接を行うというところもあり、中では変わった面接がある可能性があります。

 

 その面接の内容によって聞かれるべきことも変わり、更にこちらが答えるべき適切な内容も変えなければいけません。そのために自分が応募する企業だと、どのような面接になる可能性があるか調べておきましょう。もし転職エージェントを利用しているのであれば、その方たちに聞いておくという方法もあります。

 

 

 

【関連記事】
心がけたい面接マナー
面接で聞かれることは
38歳で転職する場合、面接のお礼状はマナーとして必要?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト