面接で聞かれることは

面接で聞かれることは

転職した理由

 

 転職の面接においては志望動機と並んでもはや当たり前となっている質問が転職理由です。これに答えられないようでは採用されるわけがありません。実際に転職する理由は人によっとそれぞれであるため、その理由に準じて答えるしかないでしょう。

 

 ただ、前の職場に不満があっての転職は後ろ向きなものであるため、聞いている側としてはいい印象を持ちません。そのためにその理由がある時は建前としての理由を考えておくといいでしょう。

 

 少なくとも転職したいからこそ理由があるはずであり、これに答えられないのなら転職はしない方がいいということにもなります。

 

ここまでの仕事について

 

 もし採用されたらどういう風に仕事をしてもらいたいのかということを含めて、この年齢であれば企業側はここまでしてきた仕事についての質問をすることが多いです。仕事の内容が聞かれた場合にはそのまま仕事に関して具体的に話せばよいのですが、流石にあまり長く説明するのは相手を飽きさせる結果となるため、短い時間で伝えられるように考えましょう。

 

 また、この仕事の質問に関しては他にも「企業が求めているものを理解して応募しているのかどうか」を見ている部分もあります。実際に内容がちぐはぐになると理解していないと思われるため、改めてその求人に関して確認をしておきましょう。

 

 

 

【関連記事】
心がけたい面接マナー
面接前にする対策は何か
38歳で転職する場合、面接のお礼状はマナーとして必要?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト