心がけたい面接マナー

心がけたい面接マナー

変な癖はないか

 

 人間というのは特定の状況になると特定の行動をすることがあります。貧乏ゆすりもその一例です。何か普段生活をしていてそのような癖が出るという人もいるのではないでしょうか。そうであれば面接のマナーとしてはその癖に注意する必要が出てきます。

 

 目立たないような癖であればよいのですが、面接中に分かるような癖が出るとそれだけでマナーが問われて面接官の印象が悪くなってしまう可能性があります。予め自分が普段どんな癖があるかを確認して、面接ではそれが出ないように気をつけましょう。

 

意外と気になる「臭い」

 

 特に男性の方は無頓着な方が多いかと思いますが、意外と臭いに関しても面接では左右されることがあります。現に不快な臭いをした人が来たらどう思うでしょうか?当然マナーとして如何なものかとして問われることになります。特に普段からタバコを吸っている方はその臭いが染み付いていて、それだけで喫煙に対して快く思わない企業の印象を下げることになってしまいます。

 

 特に38となれば加齢臭に対して問われる年齢にもなっています。年齢の関係で仕方がない部分はありますが、そうでない部分に関しては対策をとっておきましょう。こうしたこともマナーの一環です。

 

 

【関連記事】
面接で聞かれることは
面接前にする対策は何か
38歳で転職する場合、面接のお礼状はマナーとして必要?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト