38歳の転職で書く履歴書

38歳の転職で書く履歴書

「会ってみたい」と思わせる履歴書を

 

 職務経歴書は自分のしてきた仕事を書いていくに対し、こちらは学歴から職歴、資格や免許、志望動機と仕事ではなく本人自体の情報を伝えるための書類です。応募した場合に企業はこれと職務経歴書を見て選考をすることになります、そのためどちらも手を抜いてはいけません。

 

 履歴書の書き方としては志望動機や自己PRの件もあり、どことなく人間味も表現することができる部分も多いです。もちろん資格や免許といった能力も書いていく必要があるため、それらもまとめて履歴書としては「会ってみたい」と思わせるような書き方をしたいものです。

 

 自分で客観的に見るのは難しい話ではありますが、実際に自分で見て会いたいと思えるような内容になっているかどうか判断してみましょう。自分でそう思えなくて他人がそう思うわけがないからです。

 

企業によって内容を選んで

 

 38歳となれば履歴書に書くことも大分多くなってくるはずであり、欄によっては書き切れない部分も出てくるでしょう。そうなれば内容を選んで書くことになりますが、当然のことながらそれは企業によって変えていきましょう。

 

 現に38歳の転職となると求めるられるものを考えて書くことが大事であるため、それを考えれば内容を変えていかなければいけません。

 

【関連記事】
38歳で書く職務履歴書
38歳転職で示す志望動機


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 38歳の転職5つの工程 おすすめ転職サイト